着順表示機を作る 完成

というわけで、完成した動画はこちらになります。
起動からノーカットでお送りします。

で、安全のために、USBに早押し機が接続されていない場合は、早押し機を接続せず、キーボードとマウスをつけておけば、10秒後にラズパイが操作できる予定ですが、今のところ不具合で準備中。

さて、これを何に使うかというと・・・「貸し出し」をしようかなぁと考えてます。

だって、「売る」となったら高くて売れないから(笑)。それと出力されるモニターと解像度の組み合わせが多岐に渡るので、汎用性に確証が持てないんです。(もちろん、欲しい人には応相談です)

機材は自分の作った趣味ですから、貸し出してもメンテしても手間は惜しくないわけです。一番の問題はミニプラグの断線・・・これは断線しないケーブルを少し考えます。
その際に、この小型モニターも付属させて、付加価値を付けてみようかと考えたわけです。

ただ、現状、押しボタンが20端末分無いのと、ケーブルを購入する「資本」が足りないんですわね。5m20本ってバカにならないんで。

なので・・・・依頼があれば秘密裏に応相談&口コミ営業でってことに、今のところはしておきます。

これにて落着!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です