ウルトラクイズって

 たまーに出てくる「ウルトラクイズ復活」論なんですけど。

私は、否定派なんです。

こんなもんまで、作っておいて何言ってんだとか、いわれるんでしょうけど。

でも私は「断固否定派」なのです。

バラエティ番組って、華々しく始まって、視聴率が悪くて尻すぼみで終わる。

それで良いんだと思うんです。

終わったのには理由がある。時代が変わって古くなったから。誰も見なくなったから。

その時代は二度と来ないです。音楽の流行と一緒。

ウルトラクイズが終わって、お笑いウルトラクイズが生まれ

電波少年が生まれ、イッテQが生まれた。

ウルトラクイズは「終わり」にならないと次のが生まれなかった。

で、いいんだと思います。

たとえ、どの時代でも「復活」したものは、

当時の熱量や世相を反映することはできない。

Youtubeでも有料配信でも、当時の熱量を復活させることなんて絶対できない。

だから、制作者の方々には、それを超える、もっと面白いものを出すチャレンジを

永遠に続けてほしいんです。

もちろん大失敗もOKだし、時代が許すこと、許さないことはあるし。

でもそれは「今」の最善なので。過去を復活するより、はるかに大切なんだと思うのです。

だから、ウルトラクイズは終わりでいいんです。卒業。

卒業生は、再び入学したり、学校で授業を受けることは望みません。

集まる人は、あくまで、同窓会でいいんじゃないかな。

ごっこ遊び。そこで、配信とかYoutube とか言い出すから、事が前に進まない。

限られた人が集まって、限られた人で楽しむ同窓会。誰に見せるわけでもない。

だって、ウルトラクイズは「参加したかったけど、クイズマニアではなかった」人が

圧倒的に多かったのだもの。

Youtubeで猛者の戦いを、ただ見たいわけじゃ、ないんだよね。

20年くらい、ずーっと同じこと考えてます。

疫病が落ち着てい。時間ができたら、何かします。せっかく作った機材だもの。

倉庫の肥やしにするのは、もったいないからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です