音源ボード

音源ボードは、色々試しましたが、スイッチサイエンスの「wavトリガー」を便利に使用しています。https://www.switch-science.com/catalog/2491/

マイクロSDに保存されたWAVファイルを、スイッチで発話するものです。
正直値段は高いのですが、以下の利点を考えると総合的にこの値段を払っても仕方ないという結論です。

1:反応が早い 押してから発声までのタイミングが短い
2:アンプ内蔵 LINEOUTもついているので、スピーカ出力+LINEOUTが可能
3:音が変えられる マイクロSDを差し替えることで可能
4:ワンショット、長押し、どちらも対応 パラメータを変えることで可能

Arduinoから音を出す方法もあります。私は分散処理が好きなのでボードを分けちゃいますが、前述のシールドに音の仕組みを組み込んでパーツを少なく&安く仕上げる方法もあると思います。その場合は処理速度の低下は避けられませんが、早押し機では実用の範囲内だと思います。
安価なボイスレコーダーを組み込む方法もありますが・・・音が変えられてアンプを付けてとなると、手間賃がこの値段を超えてしまう可能性もあり・・・。

そんなわけで、エラーが怖いので実績からこの製品を使います。適宜ピンをはんだ付けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。