ローンチ後

SSJ-020 ローンチはしました。反応は、正直予想通りというところでしょうか。
製作はいつでも受付いたします。

まあ、早々にやりたかったことでもありますし、ある程度ケリを早めに付けておきたかったとういのも、あります。

早押し機業界(というのかな?)は、ブラント力が強く実用実績のある所に局所集中されるのは致し方ありません。昨今は各所とも価格下落傾向でもあり、良い事だと思っています。一時期の枯渇状況は脱した感もありますね。十分に行き渡った(行き渡っている)&いつでも買える感じも受けます。

どうしてもクイズ界に疎い私の機材はマイナー系であり続けるわけで(苦笑)、大御所やメジャー系の訴求力には足元にも及びません。買えるなら欲しいブランドのモノを買う。当然ですよね。いやはや。

というわけで、一応の製作環境の整備とノウハウの蓄積ができたので。少し違うことでも考えようかと。

できればクイズ研究会等以外の方々へアプローチしたいんですよね。単純明快なこの機械を専門の方々だけのものにしておくのは、大変勿体ないと思っていましてね。

とはいっても、10万近くのものを滅多に使わないイベントや1年に1度の忘年会だけに投資するという人もいなかろう・・・。あるいは、学生時代にクイ研だった人が、イベントを企画する際にクイズでも・・・とはいってもイベント屋にお願いする機材は専門すぎるし、的な。

なので、まずは在庫部品を寝かせておかないために、レンタル機材を作って、なるべく安くお使い頂ければ、なんて思っています。


作るのはわけないんです。部品もあるので。ただ、需要が無いのに形にしても仕方ないので。お問合せがあれば都度作って貸しちゃってもいいくらい(笑)運搬ケースとケーブルも付属して、セットで出せる体制をつくります。まずは1台からね。需要があれば、どんどん作ります。

「会議室でクイズを絡めた新人研修をするのですが、その時に機械があれば・・・」くらいのゆるい規模を想定した貸し出しです。遠くからでもわかる大型ランプとかは、今は考えず。で。

それと、もう少し先の話としては。今の早押し機販売は、使用頻度が高い人向けですから、使用頻度が低い人向けへのアプローチ&それほど大規模な会場でない企画 というイメージですか。

大型ボタンがグループに1つあって、無線で飛ばして、ランプが光る的な。多少遅延があっても、目的は「ガチクイズ」ではないので。機材があるだけで、違う空気感が生まれるのではないかと。もちろん、スマホ、タブレットの方が簡単です。挙手の方が安価です。それとは違う何かがあってもよいのではないかと。もちろん購入じゃなくってよくて。端末6個でもいいじゃないかと。

そうすると、パトランプではなく「起立装置」の方が便利だなぁ、とかね(笑)

まあ、そんなこんなで、ぼちぼち違う土俵を考えてみることにします。

対事業、対ビジネス、みたいな所へ行っても面白いかな。

実は、在庫部品がけっこうあって。こいつらは、コミケでたたき売り、しようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です